への字口を改善しよう

注射

口角挙上の特徴をチェック

女性であれば年齢を重ねても若々しさをキープしたいという人が多く、近年は美容整形で若さをキープする人も少なくないようです。特に大人の女性が多く集まる街として知られる銀座では、美容整形外科でも「若さ」に特化した美容整形が選ばれる傾向にあります。若さをキープする美容整形といえば、シワやたるみを解消するというイメージがあるかもしれませんが、銀座では「口角挙上」で口元の若さをアップする人も少なくありません。口角挙上は文字通り口角を引き上げるという美容整形で、銀座の美容整形外科の多くでも施術を受けることが可能となっています。口元への美容整形と聞くと今まで施術を受けたことが無い人は、少し躊躇してしまうかもしれませんが、口角挙上はメスを使う方法とプチ整形とを選べます。メスを使う口角挙上では上くちびるの両端を切開し余計な皮膚を切除した後、くちびるを上にあげる筋肉を少し短くすることで、口角を上へと引き上げるのが特徴です。メスを使わないプチ整形では、ボトックス注射とヒアルロン酸注射を併用して行うことで、口角が下がったへの字口を解消します。どちらの施術法が向いているのか、くちびるの状態や効果の持続性などを比較し、医師としっかり話し合い決めることがおすすめです。

口角が下がった、いわゆる「への字口」だと常に起こっているように見られたり、また疲れているような印象を与えてしまいます。さらに、口角が下がっていると実際の年齢よりも老けて見られやすいので、への字口だとあまり良い印象を与えることはできないでしょう。ただ、くちびるを下げてしまうのがクセになっていたり、生まれつき口角が下がっているという人も少なくありません。マイナスなイメージを見る人に与えてしまうことが考えられるへの字口は、銀座の美容整形外科で受けられる美容整形で解消することが可能です。くちびるは小さなパーツですが、ほんのわずかな差でも見た目の印象ががらりと変わってしまうので、くちびるの美容整形を受ける場合は、医師のデザイン力が必要となります。銀座には技術や知識が高いのはもちろんのこと、患者の要望を聞きつつ顔立ちに合ったデザインを適用できる、デザイン力に優れた医師が多いので安心です。口角挙上の術後は口角が自然に上がるので柔和な印象を与えることができ、さらには顔全体の若返り効果も発揮されます。くちびるの美容整形を得意とする美容整形外科の場合、口角挙上に脂肪注入やヒアルロン酸注入を組み合わせる施術も受けられるので、理想の口元を手に入れることができるでしょう。

Copyright© 2019 初心者が事前にやっておいた方がいいこととは何か All Rights Reserved.